07// 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. //09

あくしぇるかの一日 inウズベキスタン

青年海外協力隊として首都タシケントで活動していた助産師のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: --   comment: --   

page top△

Джакомо Пуччини «Флория Тоска»

Международный фестиваль оперного искусства(国際オペラフェスティバル)が
トルキスタン劇場で開かれていて、本日が最終日。
プッチーニのトスカに行ってきました。

110430-1.jpg


国際フェスティバルというだけあって、
トスカ、カヴァラドッシ、スカルピア男爵役の3人は、ベラルーシからのゲスト。

トスカ役のНина Шарубинаさんがとにかく素晴らしかった。
調べてみたところ、どうも世界的にも活躍しているようで、
2008年には、ベラルーシで国家的な栄誉ある賞を受賞しているみたい。

後半、オケのピッチがだんだん怪しくなってきたのが残念でした。
お願い
途中でピッチ直して~ボロボロのままで、行かないで~(心の叫び)


さて、2回目になるトルキスタン劇場。
前回も少し書きましたが、今はここでオペラやバレエを上演しています。
しかし、本来ここは劇場で、芝居をやるところ。
オペラやバレエなどのクラシカルなものは、ナヴォイ劇場で行われていました。

110430-2.jpg

ナヴォイ劇場は1947年に完成し、
1966年にあった大震災でもつぶれることがなかった劇場。
実は、第二次世界大戦後タシケントに抑留された日本人が、
強制労働で造らせた建物の一つなのです。
改修されるとの話で、きっと私の在ウズ中に入れることはない…

そんなわけで、トルキスタン劇場にはオケピットはありません。
舞台と客席の間にオケがいるのですが、
1階の前の方に座ると、オケの上後ろから声が飛んでくるので、
オケがソリストよりも勝っちゃう。当たり前ですけど。

今回は、2階のバルコニー席で鑑賞。
オケとソリストのバランスは、こっちの方がいいかも!!
そして、フェスティバル中なので普段の2倍だけど、1万スム(500円)也。
お財布にもリーズナブル!

今シーズンの開催は、これでほぼ終わり。次は9月になります。
来シーズンは、がっちり見に行きたい。
そして、「見たことがある」と言えるオペラやバレエを増やしたい。

心の余暇とエネルギー源は、やっぱり音楽です。

category: 派遣中:2011年上半期

[edit]

page top△

コメント

page top△

コメントの投稿
Secret

page top△

トラックバック
トラックバックURL
→http://uzbekmw.blog75.fc2.com/tb.php/61-402d9030
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。