09// 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. //11

あくしぇるかの一日 inウズベキスタン

青年海外協力隊として首都タシケントで活動していた助産師のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: --   comment: --   

page top△

第1号報告書

JICAボランティアは、決まった時期に報告書を書くことが
義務付けられています。
国の事業ですから、活動を記録、報告することはとても重要なことです。

活動期間中に5回の報告書提出がありますが、
まず1回目の報告書(第1号報告書)は、
活動を始めて3か月で提出することになります。


ということで、ウズベキスタンに来て丸3か月が経ちました。
その間、ブログで活動報告すること、ほぼなし。
それは何を書いていいのやら、さっぱりわからなかったから。

病院に配属されて2か月になりますが、
この間に私がやったことと言えば…
血圧測定5回位
脈拍測定10回位
消毒用のガーゼを折ったこと50回位、以上!(笑)……(泣)

正常の産後病棟に配属されていますが、
ここでは、助産師と看護師、看護助手(サニタリカ)がそれぞれ、
別々の業務を母子に対して行っています。

助産師:母体の観察
看護師:子どもの観察、授乳・育児技術の説明
サニタリカ:身の回りの世話

よく聞かれることは、
「あなたは助産師なの?看護師なの?」

日本では、看護師免許を持った上で、助産師になります。
しかし、ウズでは助産師はダイレクトコースで、看護師ではありません。
看護師は、教育制度が改革され、大学卒の看護師も生まれていますが、
助産師を養成しているのは、医療系専門学校(卒業時18歳)しかありません。

ということで、助産師なのか、看護師なのかは
ウズの医療スタッフの意識の中で、ぱっきりわかれていると感じています。

病院からは具体的にこれをやってほしいという要望はほとんどなく、
病棟からは配属数日目に、
「注射もできないし(注)、言葉も満足に話せない。」
「あなたはいったい何ができるの?」と言われる始末。
(注)JICAとウズ国との間で、注射はしない等リスク対処の取り決めがあります。

ちなみに、私が駒ケ根で勉強してきたのは、ロシア語。
ここで日常的に話されているのは、ウズベク語。
若いお母さん世代は、全くロシア語話せません。
ロシア語で、スタッフに思っていることを満足に表現できない上に、
ウズ語しか話さない母達とコミュニケーションがとれない。

気合を入れて、とにかく病院には通いましたが、
1日何にもしない、何にも話す機会がない日が続き、
正直、毎週金曜日には力尽き、何やってるんだろうと凹んでました。
そんな時に、さらに日本からは地震のニュース。
どよどよどよ~ん、と地底深くに沈んでおりました。

病院に配属される、医療系ボランティアの悲しいとこは、
「言葉が満足に使えないこと」=「知識がない」と思われること。
私の方が持っている医療知識はたくさんあったとしても、
それを伝える手段が乏しいから、「できない」奴だと思われる。
そんな奴が何をしにここにきたんだ…と思われていることが
伝わってくるのは、辛いところです。

手で技術を見せる機会、手伝える機会があれば、また違うかもしれないけど、
今の職場では、それさえない。
その中で、信頼関係を構築することが、なんと難しいことか!


2か月経って、わかったことは…
その1、やっぱりマンパワーとしてここに来たのではないこと。
ここで必要なのは、助産師がやってることを肩代わりすることではないし、
病院もそれを求めていない。

その2、母親とコミュニケーションを取るのに、どうしてもウズ語が必要。

その3、でも私は、ロシア語がしゃべれるようになりたい!

その4、結局、自分が思ったとおりにやるしかない!!


医療系の先輩隊員さんの報告書で、
「隙間産業を見つける」という言葉を読んだことがあります。
言葉としては理解していたつもりでしたが、
ようやくそれが何を意味するのかを実感できるようになりました。
深くて重い言葉です、「隙間産業」。

このまま、ぼーっと過ごすことを選択するのも、
とにかく何かに焦点を当てて、取り組んでみるのも、自分次第。
こんな時、頼りになるのはJICAのバックアップがあるということ。
一人ではどうにもならないことでも、
JICAの協力を得ることで、なんとかなるかもしれない!

ぼーっと過ごすのは、性に合わないので、
なんとか前に向いて進む努力をしていたい。
ようやく、ただただ凹むところから、
一歩踏み出す気になったところで、4か月目突入です。

具体的なお話は、ま、もう少し前が明るくなってから…

category: 派遣中:2011年上半期

[edit]

page top△

コメント

みんなが通る道なので、気を落とされず!
医療隊員なら誰もがうんうんって共感する内容でした。
最後の半年のために最初の1年半があるので。ただただ座っているだけの日々がきっと役に立つ日が来ます。これは絶対!
私も1年ぐらい経ってようやく見えたようなこともたくさん、残り少なくなってようやくできたことたくさんんです。
だからとりあえず、その日だけを乗り切ってくださいね。ご自分の体だけは大切に。

アジアで現在活動中の助産師隊員 #- | URL | 2011/04/24 23:10 | edit

ちえちゃんなりに頑張っている姿が目に浮かびます。
そして、苦悩している姿も…。

新しい環境・しかも言葉というコミュニケーションツールがうまく活用できない…。
私も手話を始めた時に感じました…。今もその思いは継続中…(^_^;)。

私にいったい何ができるのか。

あまりにそう思うとおこがましくもあり、負担になってしまうので、
答えはきっと、そのうちふわっと出てくるよ。どんな答えなのか、また、答えは一つなのか…。

と、言い聞かせて今に至る。

とりあえず、毎日の小さな積み重ねは大事だし、元気にあいさつして乗り切ろう!

ひさまま #- | URL | 2011/04/27 14:31 | edit

止まない雨はないよ

ちえちゃん、3カ月しんどかったでしょう。

こんな風に言葉にできたってことは、
前向きにとらえられるようになったってことだね。

これからの活躍を祈ってるわ。

「止まない雨はない」
最近この言葉好きなんだ。
私もいろいろつまずくことがあり、
この言葉思い出しがんばってます!!


かおり #- | URL | 2011/04/27 23:15 | edit

>アジアで現在活動中の助産師隊員さま
コメントありがとうございます。
「みんなが通る道」…後から振り返るときっとそうなんでしょうね。
見えてくるものがあれば、いいんだけどなぁ。
先を信じて、一日一日を頑張ります。
(きっと)残り少ない活動期間を充実したものにして下さいね。

>ひさままさん
日本で常識としてきた母性看護の産褥ケアの枠組みから考えると、
やってないこといっぱいあります。
というよりも、助産師は小さいことから大きいことまで
「母親のケア」と呼べることはほとんど何もやってません。
でも、ここの助産師達は「やってる」と思ってます。
結局、それは教育の問題だと思うのね。
知らないから、やらないし、そのことに気付かない。
自分達は完璧だと思っているから「教えてもらうことなんかない」の立場でくる。
昔どこかで聞いた「私のどこができてないと言うんですか!」まさにその状態(笑)
だから、「この人、何しにきてるの?」的な疎外感を常に感じる。
挨拶でさえ、タイミングをとるのが難しくて、返してくれない人もいる。
ま、ほんとに何しにきてるの?なので、その通りなんだけどね~(笑)

>かおりさん
ありがと~。泣けるよ、その言葉!
今は、先が全然見えてこないけど、とりあえず前を向いて、ね。
みんな頑張ってんだもんなぁ!

ちえ #- | URL | 2011/04/29 02:08 | edit

page top△

コメントの投稿
Secret

page top△

トラックバック
トラックバックURL
→http://uzbekmw.blog75.fc2.com/tb.php/59-56cc5d9a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。