01// 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28. //03

あくしぇるかの一日 inウズベキスタン

青年海外協力隊として首都タシケントで活動していた助産師のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: --   comment: --   

page top△

ウズベキスタン歴史博物館

ネット環境に乏しいため、タイムリーにアップできないので、
書いた日時でアップします。
掲載日時と一致しませんが、ご了承ください。

今日は、現地語学訓練最終日で、
ロシア語・ウズベク語クラス合同で、
ウズベキスタン歴史博物館に行きました。

実はこの博物館には考古学のシニアボランティアさんが派遣中。
少し見学をしたところで、覗きに来て下さって、
専門家の日本語ガイド付きで、
ウズベキスタンの歴史を学ぶことができました。

おかげで、最初に展示してあった骨と歯が、
150万年前の鎖骨と歯であることがわかり、
さらに、それがとても貴重なものであることも判明。
日本では150万年前のものは見つかっていないとのことで、
乾燥地域だからこそ残っているのだそうです。

紀元前からの歴史の中では、
文明は日本より常に先を進んでいたようです。
大陸の中にある地域と島国では、情報の伝わりが違ったのでしょう。

ウズベキスタンの歴史は、
いろんな民族によって土地の争奪戦が繰り返された、その経緯であり、
その中で英雄として語り継がれているのが
ティムール帝国を作ったアミール・ティムール(Amir Temur)。
これは、アミール・ティムール広場にあるアミール・ティムール像。
110216-2.jpg

110216.jpg


博物館を一巡りすると、
150万年前から今現在までの長い歴史を駆け足で走り抜けた感じです。


ところで私、実は仏像好き。
きれいなお顔のお気に入りの仏像に出会うと、
何時間でも眺めていたくなります(笑)
ここにもいらっしゃいました、ガンダーラ仏。
テルメズ近郊のファヨーズ・テペ遺跡から出土した
クシャン朝(1~3世紀)時代の石仏。
縦1m強、横1m弱、奥行70cm位(記憶による目測)ですが、
重さは2トンあるそうです。
日本の仏像とは、鼻筋や服のしわの感じがちょっと違う、
とてもきれいなお顔の仏様でした。

2011.2.22 15:20掲載

category: 派遣中:2011年上半期

[edit]

page top△

コメント

ティムール帝国って、なんか世界史で習ったような・・・
今のウズベキスタンだったんだね!

marypooh #- | URL | 2011/02/22 23:13 | edit

>marypoohさん

世界史を勉強した記憶のない私は、
「ティムール帝国」のことは知らなかったわ(^^;;

ちえ #- | URL | 2011/03/07 22:52 | edit

page top△

コメントの投稿
Secret

page top△

トラックバック
トラックバックURL
→http://uzbekmw.blog75.fc2.com/tb.php/46-399ab688
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。