05// 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. //07

あくしぇるかの一日 inウズベキスタン

青年海外協力隊として首都タシケントで活動していた助産師のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: --   comment: --   

page top△

プロフ教室

先週、なんとなくバタバタして更新できなかった~
月曜日の7月2日。
29日に開院しているはずの活動先に行ってみると、
まだ開院してない。どういうこと

朝、第一声で分娩室の師長に聞いてみるものの、
「さぁ、いつだかわかんない」との返事。

今日はどうするんだ~と思っていたら、あれ?産婦さん来た…
なし崩し的に、病院動き出しました



さて、ウズにはたくさんの伝統料理がありますが、
そのうちの一つ、プロフの作り方教室に、先日行ってきました。

まずは下準備から。

米1kg:小石などの不純物を取り除き、洗って、水に浸しておく。
ニンジン1kg:洗って、細切り
玉ねぎ300g:洗って薄切り
oshi 1
ちなみに、分量の数字は4人分。この日は20数名いたので、×6倍

肉1kg:牛や羊などをお好みで準備。
oshi 2
これも当然、この日は×6倍

準備できたら、あらかじめ温めておいた鍋に油を投入。
油300g:ひまわり油を使用
oshi 3
これも当たり前に、×6倍ということで、2L

肉。
oshi 4

たまねぎ。
oshi 5

にんじん。
oshi 6

全体に、充分油と火が通ったら、水を投入。
oshi 7

お好みで、一晩戻したひよこ豆も投入。
お好みで、レーズン入れてもOK!
oshi 8

にんにくも、まるごとどぼん。
oshi9.jpg

ここで味付け第一弾、塩を1つかみ×6倍。
oshi 10

火が通ったにんにくと肉を鍋から出した後、お米投入。
oshi 11

お米を全部入れた後、なじませてこんな感じにしてから、
火は弱火に…ということで、薪を出してます。
oshi 12

ウズ料理に当然欠かすことのできない、クミンシードをどっさり埋めて。
oshi 13

取り出していたお肉やにんにくを鍋に戻して。
oshi 14

蓋をして、待つこと25分。さぁ、完成!
oshi15.jpg

…というところで、カメラのバッテリーが切れました


ここまで読んでみて、
詳しいプロフの作り方を知りたくなった方はこっちのブログ参照。
彼女は、タシケントの病院で働いている看護師隊員さんです。

この後、ご飯会になりました。
この時のプロフは、日本人20数人で食べられる量ではなかったな~
でも、味はとっても美味しかったですよ。

多分、日本で同じように作っても、この味を出すのは難しいだろうな~
ということで、食べたい方は是非ウズベキスタンにおいで下さい

category: 派遣中:2012年下半期

[edit]

page top△

コメント

page top△

コメントの投稿
Secret

page top△

トラックバック
トラックバックURL
→http://uzbekmw.blog75.fc2.com/tb.php/184-04ffce66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。