09// 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. //11

あくしぇるかの一日 inウズベキスタン

青年海外協力隊として首都タシケントで活動していた助産師のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: --   comment: --   

page top△

病院cooking

数日前より、突然暑くなりました。昼間の気温は30℃台後半。
我が家は、夜になっても室温30℃切ることはありません…
只今、31.4℃です

PCも、暑さで死んでしまいそうなので、電源プランを放熱優先に変更。
もうひと夏、がんばってね!と応援中
PCの暑さ対策、いい方法があったら教えて下さい。


さて先日、分娩室が休業に入る前日の話。
食堂に、お茶を飲みに入ったら、鍋がぐつぐつ…

「いいところに!この鍋、かき混ぜといてくれる?」
cooking7.jpg
ちなみに彼女は、産科ドクターです。
産科医としての腕もあって、何かと的を得た発言をされてる。
日々、あれやこれやと「ちょっとお願い!」されますが、
私のことを気にかけてくれる、とても親切な女医さんです。

…はいはい

cooking1.jpg

ところで、これはいったい?と聞く間もなく、
「よろしく~」と行ってしまいました。

約40分後…
cooking2.jpg

「おぉ、いい感じになったわね。お湯を入れたら出来上がりだわ」

cooking3.jpg

cooking4.jpg

お湯を入れると、一旦はこんな感じに固まりますが、
そのまま、30分位、ぐつぐつと放置。

cooking5.jpg

“ホルワタール”の完成。
cooking6.jpg

これは、みんなが無事に出産できたことを祝って、
これからもいろんな事がうまくいくことを祈って、
この日、ここで作ったそうです。
(聞き間違いでなければ…)

この後、通りすがりの医師、助産師、サニタリカも集まって、
分娩室のスタッフと小さいパーティがありました。
新しい顔が見える度に「ちえが作ったのよ~」と紹介してくれて…
ただかき混ぜてただけなので、紹介される程のことではないけれど、
そうやって言ってくれることが嬉しかった!

さてさて、どうやって食べるかと言えば、パンにつけて食べます。
味はどんなもんかと言われると、材料から想像して下さい。

cooking0.jpg

お玉一杯の油(ひまわり油)
どんぶり茶碗一杯の砂糖
ピヨーラ(お湯のみ)一杯の小麦粉    

日本人的にはあり得ない感じ?
でも、意外に美味しいんですよ…慣れって怖ろしいね

category: 派遣中:2012年上半期

[edit]

page top△

コメント

page top△

コメントの投稿
Secret

page top△

トラックバック
トラックバックURL
→http://uzbekmw.blog75.fc2.com/tb.php/179-e787927c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。