03// 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. //05

あくしぇるかの一日 inウズベキスタン

青年海外協力隊として首都タシケントで活動していた助産師のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: --   comment: --   

page top△

ひたすら会話の昼ご飯

今日は、体感的に寒かった~!
調べてみると、最高1℃、最低0℃だったみたい。
そしてこれから1週間の予想を見てると、
来週月曜、火曜なんてタシケントでも、
予想最高気温が-7℃、-8℃…私の知らない世界が待ってます


さて、今日は入院産婦さんは7人位いたものの、
私のいる時間に分娩は帝王切開の1件だけで、
全体的には静かな落ち着いた時間が過ぎていきました。
私は相変わらずの「なんでも屋」

そして、今日のお昼ご飯。みんなより先に入ったのですが、
時間に余裕があったみたいで、続々とお昼休憩へ入ってこられて、
勤務者5名全員そろって、質問攻め

「どこに住んでるのか」
「誰と住んでるのか」
「友達はいるのか」
「家族はどこにいるのか」
「家族は日本で寂しく思っていないのか」
「日本ではどこに住んでたのか」
「ここまでどうやって来てるのか」
「タクシー乗ったらいくらでくるのか」
「家にテレビ/ラジオはあるのか」
「家で何して過ごしてるのか」
「ご飯は自分で作ってるのか」
「何を作ってるのか」
「ウズベク料理は作れるのか」
「ウズベクのお米は美味しいか」などいっぱい…
今までも話したことあったんじゃなかったっけ?みたいな話題も多々ありましたが、
きっと今日いたメンバーとは話題にならなかったのでしょう。

ウズ語混じりのつたない文法無視のロシア語を聞きとってくれる皆様。
特に、師長が酌んでくれて、さらにウズ語に翻訳してくれます。
「そう、そう!そう言いたかったの!」っていうウズ語になるのが素晴らしい。
(ウズ語が分かるというのではなくて、それっぽい感じがするって話ですよ)

そして、当然のように
「どうしてここに来たのか」「自分で選んで来たのか」と聞かれました。
今日は、ようやく「ウズの出産を知りたかったこと」に合わせて、
「日本の出産を伝えたかったこと」が明確に伝わったらしい。


「まだ、私達は日本の出産の話は聞いてないわ!」
「日本の出産の写真とか映像とかないの?」


そりゃ、そうです。
言ってませんし、見せてません
いや、そもそも言える場面と見せる場面をどうやって作ろうかと思ってましたから

ひたすら雑用係をし続けてきたことが意味あったんじゃない!?と、
思えるようになってきたかも
メモ持たされての子どものお使い状態なので、
時々何やってるんだろう…と無性にむなしくなる時もありますが、
院内をウロウロしまくっているので、少しずつだけど、
いろんな医師や助産師、看護師等に顔を知ってもらえてきてる気がするし、
聞いてくれる姿勢を持ってもらえるようになったのは一歩前進!

何をどう伝えていくか
今までいろいろ思い貯めてきたものを積極的に形にしなくてはなりませんね。
今日は、これからの活動を頑張っていけそう!と思えた日でした。

そんなこんなで、約1時間、集中して話してました。
ご飯は食べたけど、そのエネルギー全部使っちゃった感じ



category: 派遣中:2011年下半期

[edit]

page top△

コメント

page top△

コメントの投稿
Secret

page top△

トラックバック
トラックバックURL
→http://uzbekmw.blog75.fc2.com/tb.php/116-7b7598e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。