01// 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28. //03

あくしぇるかの一日 inウズベキスタン

青年海外協力隊として首都タシケントで活動していた助産師のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: --   comment: --   

page top△

児心音聴取

最近、医師から頼まれる仕事の一つに、
「分娩室にいる産婦の胎児心音を聞いてきて!」

助産師に頼んだ方がいいんじゃないか?と思うけど、
どこで何やってるんだかさっぱりわかんないけど、
そこらにいない時があるからね~

ま、私がすることないな~っていう時に、
医師や助産師の記録机がある廊下のホールみたいなとこで、
ぼーっとしてるから頼みやすいんだと思うけど

頼まれた胎児心拍数は、メモにして医師に渡してます。
私の数少ない助産師技術の見せ所?



さて、今日はここ最近たくさんいる研修医のうちの一人が、
まだ分娩室勤務をしたことのない若い助産師と一緒に、
胎児心音を確認しに、部屋周りをしてました。

そしたら研修医が机のあるホールに戻ってきて、ベテラン助産師へ。

研修医
「このドップラー(心音聞く器械)はよく聞こえないから、
もうひとつのよく聞こえるドップラー貸して」

(注釈)--------------------------
ドップラーは2つあるけど、
1つは感度が低いものなので、きちんと当てないと聞こえないのです。
----------------------------------

ベテラン助産師
「あれは今電池がないから使えない。トラウベ使ったら」

(注釈)--------------------------
助産師の必須アイテム・トラウベ。
いまどきの日本で、使っている人はほとんどいないけど、
ここウズベキスタンでは、
ドップラーより信頼性が高いと医師も助産師も思ってる気がする。

これは日本から私が持ってきたトラウベ。
toraube1.jpg toraube2.jpg
ちなみに、友人から借りてきたもの。
私のトラウベは、ただ今パラグアイ在住。
----------------------------------

研修医
「じゃぁ、聞いといて」


私の心の叫び(その1)
研修医が自分で聞かんでいいんかい?
聞こえんままで不安ないんかい?


若手助産師
「はい」と言いつつも、ベテラン助産師と一緒に部屋へ。

そして、なんとなく気になったので、勝手に後ろについて部屋を訪問する私。

すると、ベテラン助産師がドップラーで聞くも見つけられず、
トラウベで聞きなおしてる。それも、トラウベ握ったまま!


私の心の叫び(その2)
お~い!トラウベ手で持ったままだったら、絶対聞こえんし!

(注釈)--------------------------
トラウベは振動で伝わってきているのを聞きとるので、
手で持っていたら、聞こえるはずがないんです。
----------------------------------


おもむろに聞こえた感じでドップラーに持ち替えるベテラン助産師
当然聞こえてないので、心音は拾えない。
ただし、ぐいぐいと母が痛がるくらい押しつけるので、
ごくかすかな臍帯音がとぎれとぎれに聞こえる。

ベテラン助産師
「先生に言って……」

思わず私
「私が聞いていいですか?」


私の心の叫び(その3)
言っちゃった~
これでやっぱり聞けなかったら、な~んだ…って感じに思われるな~
ここにいるはず!というか、赤ちゃん頼むし、ここにいて!


レオポルドの触診(胎児の位置を調べる手技)を丁寧にして位置を確認し、
ドップラーを軽く当ててみたら、
探すまでもなく、「どこ、どこ、どこ、どこ…」
はい、ちゃんと元気な赤ちゃんの心音が聞こえました

お母さんは当たり前だけど、不安だったみたいで、
「元気だし、正常」と伝えたら、ほっとした様子でしたね。
よかった、よかった。


やっぱり助産・看護ケアは経験と勘に基づいた結果で語られるものではなく、
エビデンスと予測に基づくものであってほしい。
それが、母親が安心して産むことができる環境につながると思うから。

もっと母親に優しい助産ケアになったらいいのにな~
それが、助産ケアの質を上げることになるんちゃうかな~

category: 派遣中:2011年下半期

[edit]

page top△

コメント

page top△

コメントの投稿
Secret

page top△

トラックバック
トラックバックURL
→http://uzbekmw.blog75.fc2.com/tb.php/108-90884144
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。