02// 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. //04

あくしぇるかの一日 inウズベキスタン

青年海外協力隊として首都タシケントで活動していた助産師のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: --   comment: --   

page top△

大清池 その2

前回の続きの話。

その後、玄奘さんの足跡をいろいろ調べてみると、
Bedel Passを通って、キルギス入りしたようで、
その先、バースクーン(Barskoon)でイシククルに出会い、
イシククルの南側を沿ってバルクチ(Balykchy)へ、
さらに、トクマク(Tokmok)を通って、首都ビシケク(Bishkek)へ、
というルートだったらしい。

ということは、カラコル(Karakol)の辺りは通ってないのか。
間違った…

けど、せっかくだから、まずはカラコル市内。
ロシア正教の聖三位一体教会(1895年に完成)。
karakol.jpg

ドゥンガン・モスク(1910年建築)
中国系イスラム教徒(ドゥンガン人)が建てた木造のモスク。
Dungan.jpg
教会も、モスクも、どっちもカラフルで、鮮やか。

ちょっと足を延ばして、カラコル周辺。

ジェティ・オグス(Jeti-Oguz)
キルギス語で、7頭(ジェティ)の牛(オグス)。
Jeti-Oghuz.jpg
赤いゴツゴツした岩が7頭の牛の頭に見えるから、だそうな。

コク・ジャイク(Kok Jayik)
ジェティ・オグスから山の中の方へ5km。
Kok Jayik2

馬に乗せてもらいまして、川を越えてちょっとお散歩。
後ろからお兄さん(きっと、いや絶対年下)が手綱操ってます。
uma.jpg

ここで、キルギス人のタクシー運転手さん、
「ちょっと馬借りるわ~」と、馬に颯爽と乗って行かれました。
Kok Jayik
そのさりげなさがかっこいい!

カラコルは標高3000~4000mトレッキングの出発地点にもなっています。
トレッキングについては、こっち(2012/7/27)参照。

コースピークのアラコル峠(Alakol Pass)3860mから、
Arakol3.jpg
向かって左側の道っぽいとこをザイル頼りに下りてきて、
続いて雪渓を歩いてきたのを振り返ってみたところ。

その先、アルティン・アラシャン(Altyn Arashan)まで景色はいいのに、
余裕なし。これを楽しめなかったのは残念すぎる。
Arakol.jpg

次回も、まだキルギス。

スポンサーサイト

category: 玄奘の足跡

[edit]

page top△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。