02// 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28. //03

あくしぇるかの一日 inウズベキスタン

青年海外協力隊として首都タシケントで活動していた助産師のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: --   comment: --   

page top△

大清池 その1

帰国して丸2年が経ちました。
先日、在ウズ中に撮りためた写真をDVDディスクに整理してみたら、32枚になりました。
4.7GB×32枚=約150GB・・・どおりで重かったのね、ノートPC1台がほとんど写真

このまま闇に葬るのはもったいない気がしてきたので、
今更感は多少ありますが、少しずつ吐きだしていくことにします。
ということで、久々の「玄奘の足跡」ネタ。

協力隊員(JOCV)は、任期中に任国外に旅行に出かけることができます。
ただし、任国によって旅行ができる国は決まっています。
私が隊員中に行ける国は(多分)今より限られていたのですが、
お隣の国キルギスには行くことができました。
ということで、在ウズ中に2回、キルギスに向かいました。

-------------------------------------
山を行くこと四百余里で大清池についた。
周囲は千余里あり、東西は長く、南北は狭い。
四面は山に囲まれ、多くの河川の水流がここに集まっている。
色は青黒味を帯び、味は塩辛くもあり苦くもある。
大きな波がはてしなく、荒い波は沫だっている。(以下略)

(水谷真成訳 大唐西域記 平凡社から引用)
-------------------------------------

ここで言われる「大清池」とは、イシク・クルのこと。
キルギス語で、イシク(温かい)・クル(湖)。
冬でも凍らないので、いしくくる?
私が行ったのは7月で水温20度位だったけど、
たくさんの人が泳ぐ、というか漂ってました。

Issyk Kol

キルギスの協力隊員から聞いた話、
キルギスの一般的なご家庭では、お風呂がないところも多く、
時期によってはイシククルがお風呂になったりするそうです。

さて、湖の周りは一周まわれますし、ぐるっと集落がありますが、
北側の方が開けてて、道路もいい。
そんな北側から見たイシククル越しの天山山脈。

tenzan.jpg


その昔、玄奘さん御一行は、
タクラマカン砂漠から天山山脈を越えてキルギスに入ってきていて、
それはPrzhevalsk(プルジェバリスク)辺りに出たと考えられているそうです。

…って、今更ながら考えてみたら、Karakol(カラコル)の辺りじゃないですか。
帰国して丸2年経って気づいた事実。あそこも足跡だったのか!?

ということで、次回はカラコル周辺のお話。
スポンサーサイト

category: 玄奘の足跡

[edit]

page top△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。