FC2ブログ
10// 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. //12

あくしぇるかの一日 inウズベキスタン

青年海外協力隊として首都タシケントで活動していた助産師のブログ

日本人墓地

先週位からぐっと寒くなってきたウズベキスタン。
最高気温一ケタ、最低気温が氷点下になってきたので、
そうそうこんな感じと昨年を思いだしています。
しかし、まだ今年は雪が1日しか降っていません。
どうなっていくのかな~今年は


さて、前にも話題にあげたことがありましたが、
ウズベキスタンには第二次大戦後、ソビエト連邦に抑留され、
強制労働をさせられている中で、
亡くなられた方々が多く眠っておられます。

ここに住んでる以上、行っておきたいと思っていて、
ようやく3つの墓地でお参りすることができました。

タシケント(ヤッカサライ)
bochi1.jpg

コーカンド
fergana-bochi.jpg

ブハラ
Buxoro-bochi.jpg

どの墓地も、ウズの方が綺麗な状態を守って下さっています。

それぞれの墓地には眠ってられる方のお名前の一覧があり、
特に、コーカンドは生まれ年、没年月日が書かれています。
21歳の若者から50代の方までおられて、
年齢も、出身地も、バラバラの方々がここにいる。

やりたいことをやれる環境にいることがどれだけ幸せなことなのか。
今できる精いっぱいで、取り組まなくちゃ。
感謝の気持ちを忘れずに、自分に甘えず、ごまかさずにやっていく。
本気でそう思い続けられる自分であり続けたい。
スポンサーサイト



category: 派遣中:2012年下半期

[edit]

page top△