07// 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. //09

あくしぇるかの一日 inウズベキスタン

青年海外協力隊として首都タシケントで活動していた助産師のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: --   comment: --   

page top△

びっくり話

最近、ずっと30℃台後半~体感的には40℃超えで、
暑かったのですが、ようやくそろそろ落ち着くみたい。
しかし、部屋の熱がこもった感じがとれるのは、いつかしら…


さて、今週はちょっと驚くことが続いたので、その話。

その1 病院編
相変わらず、毎日15~20人のお母さんが出産してるのですが、
昨日は双子と三つ子のお母さんが入院してきました。
双子の方は、ここでは双子だから帝王切開ってことはないので、
普通に出産。


三つ子の方も、陣痛が強くなってきたので、普通に出産…
はっ、えっ、下から産むの?


先輩から昔話として
「昔はね~、エコーもなかったし、
二人と思ってたら三人出てきたこともあったのよ~」なんて、
冗談なのか、ホントなのかわからない話を聞いたこともありましたが、
エコーの器械精度も、人の腕も上がった今、
日本の常識では三つ子は帝王切開!

昨日は、ウズの常識に従って、普通に生まれてきました。
33週、1600g前後の赤ちゃん3人。そのまま、NICUに入院。

いや~、ないわ。これはさすがにないな…と、
無意識に、日本語で呟いてた


その2 歌レッスン編
いつもの超上手なピアニストがただいま病欠中なので、
先生が今日、新しいピアニストを連れてきました。

ん…微妙。

いつも初見で、どんな曲でも弾いちゃう音楽感性豊かな
ピアニストにお世話になっちゃってるので、
彼女についていくことで、それなりに形になっちゃうのね~と、
改めて気づかされました。

それはさておき、
オペラアリアを初見でがつがつ弾ける様子ではなかったので、
お久しぶりの歌曲を2曲ほど歌ってみました。

何に驚いたかって、自分の変化に驚いた!
久しぶりに歌ってみたら、全然感じが違うんだもの。
出すのが苦しかった高音が、普通に出たり、
伸ばすのが苦しかった高音が、普通に伸ばせたり、
一息で歌うのが苦しかったところが、余裕で一息でいけたり、
自分で感じてる響きの感じが全然違ってたりして、
ようやく1年3か月を過ぎたところで、自分の変化に驚いたわ。


その3 ゴミ捨て編
この8月からウズベキスタンでも、
決まった色のゴミ袋を使って、ゴミを分別することになりました。
決まったことがスムーズに進むことは少ないので、
始まるのはいつの事やら…なんて思っていて、
案の定8月に入っても、いつも通りごちゃごちゃと捨ててありました。

今日ゴミ置き場に行ってみると、

え~、ちゃんと分別して捨ててある!

ゴミ袋を使ってというところまではいってないけど、
少なくともゴミ置き場が整然としてる。

コンテナーが生ごみだけになってて、
ペットボトルが小さいのと大きいのが別々においてあって、
紙っぽいものがまとめてあって、
その他のゴミは…わかんない、どうなってたんだろう?

おぉ!これは、ちゃんと分別してゴミ置き場まで持っていかなきゃ。
いや~、びっくりのゴミ置き場でした。
スポンサーサイト

category: 派遣中:2012年下半期

[edit]

page top△

ディムラマ教室

先日、ウズベキスタンの家庭料理、
ディムラマの作り方を教えてもらいました。
ざっくり言えば、「究極の手抜き料理」。

ということで、お料理教室第二弾「ディムラマを作ろう!」です。

まずは、下準備から。
ジャガイモは、皮だけ剥いてそのまんま。
dimlama1.jpg

ピーマンは細切り。
dimlama2.jpg

玉ねぎは薄切り。
dimlama3.jpg

ニンジンは輪切り。
dimlama4.jpg

キャベツはざく切り。
dimlama5.jpg

肉は適当に食べやすく。(この日は、羊の骨付き)
dimlama6.jpg


準備した食材を順番に鍋に詰めていきます。
肉→ジャガイモ→肉の後、軽く塩を振ります。
dimlama7.jpg

ピーマン、ニンジン、玉ねぎの順に入れた後、
トマトを薄く切って、重ねます。
dimlama9.jpg
ウズでは、トマトは基本、空中切り
ちなみに私、空中切りがだんだん身についてきまして、
最近は、トマト、きゅうりはまな板使わなくなりました。

ここで、味付け。
たっぷりのコリアンダー、クミンシード、塩。
dimlama10.jpg

キャベツで蓋をした後、ウズ料理には欠かせない油を投入。
dimlama11.jpg

買っていった新品の油が、これくらい減りました。
dimlama12.jpg

最後に、茶碗2杯位の水。
dimlama13.jpg

蓋をして、火にかけて待つ。
この日は外だったので、たき火です。
dimlama8.jpg


そして、1時間10分後。
dimlama14.jpg

混ぜて、盛り付けるとこんな感じ。
dimlama15.jpg
ジャガイモが絶品、肉も柔らかくて美味しかった!

これはキャンプ料理の時に、おすすめメニューですね。
下準備簡単、味付けざっくり、
火にかけた後、出来あがるまでにひと遊び


トマトとバジルのサラダを添えて。
dimlama16.jpg

category: 派遣中:2012年下半期

[edit]

page top△

お墓参り

先週は、活動先の病院が出産ラッシュ!
毎日20人前後の入院があって、
毎日20人前後が出産してるんだから、
毎日20人前後を産後病棟に移動させて…と言いたいけど、
産後病棟にベッドが足りなくて、
机を廊下に出して、ドクター部屋さえ病室になってる状態。
結局、朝方に生んだ母達はそのまま分娩室に待機してるので、
朝、分娩室に行くと、母達がいっぱいです。
そして、ものすごく疲れている表情をしたスタッフが待ってます



さて、第二次大戦後、ソ連に抑留され、
強制労働をさせられている中で、
ウズベキスタンの地で亡くなられた方々がたくさんおられます。
その方々の墓地がタシケント、ブハラ、コーカンドなどにあります。

その一つ、タシケントにある日本人墓地へ
在留邦人で集まって、お墓参りに行ってきました。

bochi1.jpg

タシケントには79名の方々が眠っておられます。

bochi2.jpg

bochi3.jpg

日本大使のお話を拝聴していたとき、
なぜだかふと、広島の平和記念式典に行った時のことを思い出しました。

張りつめた暑さ
人々の祈り
当時と今が繋がっているような不思議な感覚

大きく違ったのは、セミの音がない静寂。
そう、ここは日本から遠く離れた地。


亡くなられた方々への哀悼の意を表するとともに、
この穏やかな時間が、これからも続いていきますように。

いや、続いていくように、自分が何をするかが大切ですね。

category: 派遣中:2012年下半期

[edit]

page top△

こんにちは!

キルギス以降、ネタはいくつも準備してるんだけど、
PCの前で、ゆっくりブログ書く気分になれない…
期限に終われてるものがいくつかあるし、
ネット接続にイライラしながら、
オリンピック文字中継追いかけてたら、すぐ時間経っちゃう。
ダメダメだな~反省。今月は書く!宣言しとこ。



さて、うちのご近所さんは、ロシア語話者が多い感じなので、
出会った時は「ズドラーストヴィチェ」と
ロシア語でご挨拶してます。

すると、先日。
2階に住んでる男の子がすれ違いざまに、「こんにちは!」

ん?日本語かい!
なんで日本人が住んでるって知ってるの?
アパート周辺でそんな話題したことないんですけど!



そんな彼と今日も帰り道にすれ違いました。
「こんにちは!………中国人?」

お~い!
「こんにちは」が、日本語ってことも知らんと使ってたんかい

category: 派遣中:2012年下半期

[edit]

page top△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。