FC2ブログ
03// 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. //05

あくしぇるかの一日 inウズベキスタン

青年海外協力隊として首都タシケントで活動していた助産師のブログ

ポーランド教会

今日は(今は)、ウズでは体験することの少ない雷付き大雨が降ってます。
む~、約1時間後には歌レッスンに出かけるつもりなんだけど、
それまでに止んでくれるかな…

先週は30℃超えしていた日々でしたが、
今週に入って26℃前後に落ち着いています。
そして、こんな感じで雨が降ることを考えると、春ですね~

(追記)
ちなみに、26℃あった気温が大雨の直後16℃まで下がりました。
あり得ないくらい寒い


さて、こないだ日曜日の夜はコンサートに行ってきました。
イスラム教が多い国ではありますが、
もちろん他の様々な宗教の方々もおられます。
ここは、ポーランド・カトリック教会の中です。

120425-2.jpg

こんなパイプオルガンがある綺麗な教会で、

120425-1.jpg

オルガン演奏を伴奏に、合唱団の皆様が歌ってられました。
この合唱団は、教会専属の合唱団ではなく、
ちょいと前に、コンセルバトーリエ(音楽大学)で行われた
ロシア・ロマンスをテーマにしたコンサートで歌ってた合唱団。

ちょっとここで「ロシア・ロマンスって、何?」って話ですが、
17世紀後半から18世紀にかけて、
ロシア社交界では貴族が盛んに宴会を催していたそうで、
そこで生みだされたのがロシア・ロマンスという歌のジャンルだそうです。
19世紀には、グリンカ、ムソルグスキー、チャイコフスキーといった
ロシアを代表する作曲家たちが作曲し、
歌詞も、プーシキンの詩などの作品にメロディがつけられたとか。
…はい、豆知識終わり


教会というところは、本当によく響くように作られてますね。
心地よすぎて、α波がたっぷりでてた気がします。気持ちよかった!


120425-3.jpg
(追記)
ちなみに、これ。イースター卵と呼ばれるもの。
復活祭(イースター)の休日や春を祝うために、
特別に飾り付けたられた卵で、
生命の始まりを象徴しているそうです。
スポンサーサイト



category: 派遣中:2012年上半期

[edit]

page top△