FC2ブログ
03// 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. //05

あくしぇるかの一日 inウズベキスタン

青年海外協力隊として首都タシケントで活動していた助産師のブログ

モニューシュコ

日本的に言えば、すっかり初夏なウズベキスタン。
気温は、朝晩15℃前後、昼間は25℃前後あって、
すでに太陽が刺すような日差しを浴びせてくれます。

昨年は対策してたつもりだったけど、
けっこう手(腕)が焼けてしまったので、
今年は、昨年以上にがっちり手間をかけたいと思います。
年々新陳代謝が落ちているので、焼けたら落ちないから


先日の歌レッスンで、
ようやく21日にある「得体の知れない」コンサートの曲が決まりました。
日本の曲3曲とウズ語の曲1曲を歌う予定にしています。
いったいどこで、どんな人達の前で歌うのか、全く話が見えないのですが、
そういうよくわからないことに対して免疫がついてきている自分がいる

目の前のことがはっきりしないなんて、
日本ではありえなかったけど、
ウズでは、日常生活、全般的に当たり前のことだから、
なるようにしかならないよね~ということに対して寛容?になってきた。

みんなが知っていようと、知らなかろうと、
その日、その時が来たら、そうなるということを
まるごと飲みこむのは上手くなった気がします


さて、そんなレッスンでは、休憩を挟む意味だと思うんですが、
先生がいろんな話をしてくれます。
例えば、出演したオペラの裏話だったり、
ウズで活躍中のソプラノ歌手さんの歌唱の話だったり。
裏話的な話は、けっこうな毒舌です

先日のレッスンでは、一問一答形式で作曲家の話になりました。
チャイコフスキー:知ってる
ラフマニノフ:知ってる
グリンカ:知ってる
リムスキー=コルサコフ:知ってる
ボロディン:知ってる
ムソルグスキー:知ってる
ショパン:知ってる
ドヴォルザーク:知ってる
スメタナ:知ってる
マニューシカ…って、だれ?

ポーランドの作曲家で、
ドヴォルザークよりも、グリンカよりも偉大な作曲家。
オペラも書いてるし、たくさん曲を書いている。
…と、ここから話が飛んでしまったので、ヒントは以上。


一体だれなんだろう?と気になってネット検索してみました。

「スタニスワフ・モニューシュコ(Stanisław Moniuszko)」
ポーランド人指揮者・作曲家。
ポーランド語の歌劇や声楽曲により知られる。
大衆的な題材を用いて、愛国主義的な舞台作品を残し、
同じような傾向のバレエ音楽も手がけた。
このためにポーランド・オペラの父と称される。
(Wikipedia日本語版から引用)

日本語版Wikiだと、とても情報が少ない作曲家ですが、
英語版&ロシア語版Wikiで調べたら、情報いっぱい
日本ではあまり知られていない作曲家と理解したらいいのか?
それとも、私が知らないだけなのか?

ちなみに、google日本で検索かけても、たったの3220件しかヒットしない。
きっと、日本での知名度が低い作曲家なんでしょう。

偉大な作曲家を新たに一人知ることができたのは、
とても興味深い出来事でした。

aka.jpg
スポンサーサイト



category: 派遣中:2012年上半期

[edit]

page top△