04// 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. //06

あくしぇるかの一日 inウズベキスタン

青年海外協力隊として首都タシケントで活動していた助産師のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: --   comment: --   

page top△

配属先のこと

活動について今までほとんど書いてきませんでしたが、
書いてもいいかなぁと思えるようになってきたので、
これからぼちぼち活動ネタを書いていきたいと思います。

ということで、まずは配属先紹介。

ウズベキスタンでは、各地区にポリクリニカ(家庭診療所)があって、
そこで家族単位をベースに1個人ごとに健康管理されています。
妊娠をすると、まずそのポリクリニカで定期健診を行いますが、
出産は、病院に集約されているようです。
その出産病院の一つが私の配属先です。
通称Первый раддом(第一産科病院)と呼ばれています。

診療所から市立病院として1996年に創立された
UNICEF認定のBaby Friendly Hospital(BFH)。
9つの病棟があり、妊娠期・分娩・集中治療室・産褥期・婦人科の入院病棟の他、
受付・検査室・消毒滅菌室・相談室・外来を持つ産婦人科の単科病院です。
ベッド数245床(産科病棟170床)、医師約100名、助産師約60名、看護師約60名。
そして、2009年の分娩件数約5000件!

ウズベキスタンでは、
Baby Friendly Hospital Initiative(赤ちゃんにやさしい病院運動)が
スムーズに広がっているようで、
2002年頃には2施設しかなかったBFHが、
2010年4月のUNICEF資料
≪Consolidated Report of Six-Country Review of Breastfeeding Programmes≫によると、
病院102施設(全体の31%)と、ポリクリニカ76施設(2%)に増えています。

今は、出産後の母子同室病棟にいます。
毎日、次亜塩素酸で床の拭き掃除がされていて、
退院して部屋が空くと、部屋全体をがっちり掃除。
順番に部屋が空くように病室管理がされてるので、
1週間に1回はがっちり掃除をしているような感じです。
だから、とてもキレイで、清潔感があります。

さて、病室の中は…空き部屋がこんな感じ。
110505-3.jpg


こんなもの(その1)とか、
110505.jpg

こんなもの(その2)とかが貼ってあります。
110505-2.jpg


こんなもの(その1)は、BFHIの基本になる
「母乳育児成功のための10か条」のこの病院バージョンウズ語版。
ウズ語版しかないんで、文章の中身は1~2割しか読めません。
だけど、絵と知ってる単語を紡ぐと、間違いなく10か条。

こんなもの(その2)は、UNICEFのBFHI資料の中から、
ご存じの方もおられると思われるイラスト。
授乳をする時に、赤ちゃんがこんなふうにおっぱいをすえていたら、
適切にくわえることが出来てますよ~の図です。

スタッフがお母さん達にどんな指導をしているのか、
私には聞きとることができないので、
その結果が表れる母親の授乳を観察させてもらってました。
要は、お母さん達のベッドサイドに、
小学校1年生レベルのロシア語と、2歳児レベルのウズ語でアタック!

その中で、見えてきたこと。
痛みを我慢しながら授乳している人の多いこと!
吸わせる時に赤ちゃんの口におっぱいを押しこむのを、
赤ちゃんが吸いこむように吸うので、当然先だけしか吸えない。
吸わせ方に改善の余地がありますね。

ただ、多くの母親が添え乳(横になったままの授乳)をしてて、
それは身体の疲れをとるためにもいい方法だなと思っています。

もっと心地よい母乳育児が当たり前になったらいいな。
そして、そのためのお手伝いができたらいいな。
そんなことを漠然と思っているところです。


さて、明日から産後病棟から、どこか(笑)へ異動します。
何を活動として進めていこうかなぁと考えていた半月前のある日、
「来月から違う病棟に行ってもらうことにしてるから」と
「Роддомは、産後も分娩も……も見ないと全部じゃないから」
……部分聞き取れず、よって行き先分からず。行ってみてのお楽しみ


すぐに成果を求めないでいただけるその姿勢に、感謝です。
でも。そんな計画があるなら、最初に言って~

スポンサーサイト

category: 派遣中:2011年上半期

[edit]

page top△

Конкурс(コンクール)

金曜日に何かがあるみたいと薄々感じていましたが、
朝にようやく全容判明(笑)
≪Сегодня у нас есть конкурс!≫

コンクール?何をするの?と聞きたかったけど、
見てのお楽しみにしようと12時開始の時間を待ちました。

そして、始まった助産師・看護師コンクール。
院長先生以下、病院のスタッフ総出の大きいイベントです。

参加者5名。それぞれ違う病棟からの参加。
審査員が5名。5種目あって、それぞれ5点満点で採点します。

最初は、スピーチから。
110528.jpg

それから、一問一答式、まるで勧進帳の山伏問答ようなテンポの問答があって。

点滴のルート作成を手洗いから説明しながら、実施。
110528-2.jpg

その手洗い手技では…?
その点滴ルート作成の手順は…?
日本とは物品が違うことを百歩譲ったとしても、
エビデンス(科学的根拠)に基づいて考えると、
それはなかろ?と思う瞬間いっぱい。

と、ここまでは看護師っぽい。

次、特技披露? 本気で踊ってます。
110528-3.jpg

それから、料理対決サラダ編?
110528-4.jpg

そして、結果発表。
1位の副賞は、電気掃除機でした。

終わった後、≪Понравится?(気に入った?)≫とたくさんの人に聞かれましたが、
気に入ったというよりも、нитересно(面白い)という感じでしょうか。

日本の病院には、ない発想だなぁと。
いや、どっかでこんなことやってる病院あるのかなぁ?

category: 派遣中:2011年上半期

[edit]

page top△

レスリング日本代表

タシケントでレスリングのアジア選手権をやっているとの、
大使館からのメールが昨日届いて、
それは応援しに行かなくては!と行ってきました。

今日は、女子の部59-63-67-72キロ級と、
グレコローマンスタイル55-60キロ級の日。

レスリング、会場で見たのは初めて。
110521-1.jpg

ものすごく迫力のあるスポーツで、見てて、飽きない、面白い!
結局14時の予選から20時過ぎの終了まで
ず~っと見てましたが、あっという間の1日でした。

110521-2.jpg
これは、伊調馨選手の準決勝。
豹が獲物を狙っているような鋭さ(褒め言葉!)を一番強く感じたかな。

日本選手の皆様とっても気さくな方ばっかりで、
JOCV仲間と行っていたのですが、
関係者の方に、日本人だと気づいていただいた後、
女子選手の監督に紹介して頂いてしまいました…恐縮です。

さて、試合の方はグレコローマンの方は残念ながら…でしたが、
女子は全階級で、表彰台に!

表彰式では、アトラス(ウズの民族衣装)が渡されていました。
110521-3.jpg
浜口京子選手。ピンボケですみません。

女子チームは、チーム優勝!
110521-4.jpg

こうやって、日本選手の活躍を目の当たりにすると、
すごく勇気をもらいます。
取り組む次元は全然違うけれど、
目の前のことに貪欲にやるしかないし、やれば何かしらの結果が表れる。
よかったり、悪かったりするけれど、
それも含めて一歩ずつなんだろうなぁと思いました。

日本チームの皆様、いい時間をありがとうございました!

category: 派遣中:2011年上半期

[edit]

page top△

果物の季節

ウズベキスタンは、果物の季節になってきました。
バザールに行くと、イチゴ、チェリーがいっぱい。

ちょっと変わったところで、道端にいっぱいあるクワ。
カイコの餌としての認識しかなく、
あんまり見た記憶もなかったんですが、
ここでは、道端にいっぱい生えてます。

そして、食べます。クワの実。
木からちょいととって食べることができます(笑)
こないだは道端で、頭上の木からとったクワの実を
食べながら井戸端会議をしている人だかりがありまして、
食べていけとご馳走になりました

白色のクワと黒色のクワの実がありますが、
どっちも甘くて美味しいですよ!

110513-1.jpg

110513-2.jpg


さらに、ホームステイしていたお宅の庭のチェリーの木。
食べごろが近づいてきました。

110513-3.jpg

category: 派遣中:2011年上半期

[edit]

page top△

停電

日本はGW中ですが、
ウズベキスタンはいつもと変わらず平日。
明日も仕事だなぁと思いつつ、メール書いていて、
これが終わったらロシア語ちょっとやって寝ようと思っていたら、


突然…真っ暗闇…


1か月ほど前、寝室の電気つけっぱで、電気ポットのスイッチ入れたら、
ブレーカーが飛んで、我が家だけ停電したことがあったので、
思わず、窓の外を確認したところ、外もみんな真っ暗。
歩いてる人、懐中電灯つけて歩いてる。

地方隊員さんには申し訳ないけれど、
私的には、在ウズ初の完全停電。
(地方では、インフラに困ってる話をよく聞くのです)

我が家電化製品がとても少ないので、影響は少ないけど、
冷蔵庫が止まると、冷凍物が溶けるのが困る。

ちなみに、
うちの電化製品は、冷蔵庫、湯沸かしポット、PC、デジカメ、携帯電話、
以上。


…と書いていたら、復活!明るくなった。

充電できるものは、
電気があるときにちゃんと充電しておかないとダメですね。

category: 派遣中:2011年上半期

[edit]

page top△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。