FC2ブログ
07// 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. //09

あくしぇるかの一日 inウズベキスタン

青年海外協力隊として首都タシケントで活動していた助産師のブログ

二次試験

2010年春募集発表になりましたね。
合格された皆様、おめでとうございます。
今回は助産師さんの合格も多かったですね。
これから一緒に頑張っていきましょう!
-------------

さて、試験の続きです。

二次試験は、JICA東京で職種別に日を割り当てられ、英語と面接です。
まず朝一に英語が行われ、
さぁこれからというのに、ただただテンションが下がる出来
その後は、午後の面接まで時間が経つのを待つのみでした。

面接は、人物面接と技術面接があり、
助産師の場合は両方合わせて15分位だったかな。
面接室に入ると、4人の面接官がおられました。

・自己紹介
・2年間という期間は短いと思いますが、
 その中であなたはどんなことができると思いますか。
・分娩介助数と、その数であなたはやろうとしていることができると思うか。
・前の職場を1年で辞めていたので、その理由。
・希望以外の要請に行きますか。

こんな感じだったでしょうか。
提出した書類に基づいて、なるほどピンポイントなことをついてきます。

きっと経験年数と過去の業務内容から
私ってものすごく出来るのよ!
私が行って改革してやるわ!
…みたいな人である可能性を試したんではなかろうか

確かに履歴書にすると、それなりにいろいろやってきましたが、
実際のところはそんなねぇ…
専門性のある職場に、新しいことを持ち込むことがどれだけ大変なことか。
ねぇ~ほんとに…

今までその方法で何も困らなかったことを、
エビデンスが明らかになったからといって、
「はい!そうですか」と変えることができる
柔軟性の高い職場なんて、そうそうありませんって。
ましてや、それが言葉も満足に使えない外国人ですもん

ということで、思ったことをなるべく簡潔に伝えたつもり。
そして、15時半くらいに解散となりました。


<番外編>
この試験会場で、たくさんの受験者が待ち続けることになるのですが、
職種別ではないので、どこに同業者がいるかわからない。
唯一の機会が面接試験室前の廊下の椅子
ここで、本当にいい出逢いをさせてもらいました。
こういうのを「ご縁がある」っていうんでしょうね。
面接前の緊張感あふれるはずの10分位の待ち時間で話するなんて、
今から思えばどうかと思うけど
スポンサーサイト



category: JOCV(応募)

[edit]

page top△