07// 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. //09

あくしぇるかの一日 inウズベキスタン

青年海外協力隊として首都タシケントで活動していた助産師のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: --   comment: --   

page top△

For smile!

青少年活動のJOCV、Y隊員が活動先で開催したお祭りに参加してきました。

「UZBEK-JAPAN festival 2012 ~For children's smile~」

Y隊員は、血液疾患の子ども達が入院している病院で、
主にレクレーション活動を通して、
治療中の子ども達の生活を充実させるための活動をしています。
そこを広げていった結果、辿り着いた「お祭」。

ウズらしく当日にならないとわからないことばかりだったみたいで、
準備は本当に大変だったんだろうなぁと思いますが、
たくさんの参加で、とても盛況なお祭りになってました。

120629-2.jpg

病院の子ども達も、日頃よく作ってる折り紙で参加。
120629-5.jpg 

120629-6.jpg
イベントの最後に、「ありがとう」と子ども達がくれた折り紙。
上手にできてるでしょ!

印象に残った出し物、その1。人形ダンス。
120629-3.jpg
いわゆる二人羽織りで、ウズダンスを踊ります。

その2、演武。
120629-1.jpg
彼は、ウズベクの学生さん。
アップテンポの曲に合わせて、
自ら振り付けた刀とぬんちゃくを使った演武を見せてくれました。

その3。JICAメンバー頑張ったソーラン節。
120629-4.jpg
何回か前の隊員送別会で踊るようになってから3回目でしたが、
やっぱり間違えた… ちょっといいわけしておくと、
地面がずるずる滑ったので、そっちに気が取られちゃって…

その後、ドゥタールも演奏しまして、出せる特技は全部出した!
参加させてもらって、楽しかった!


1年間の活動の結果、
こんなイベントが開けたことは本当に素晴らしいこと。
Y隊員、とっても輝いてました…終わった後は、疲れてたけど
スポンサーサイト

category: 派遣中:2012年上半期

[edit]

page top△

24-1来ウズ

今日は、歌のレッスン日。
前から「オーケストラと一緒に歌ってみようよ、マイクがあれば大丈夫だから」と、
全く現実感のないことを言われることがあるのですが、
今日は昨日の本番を振り返り、
「君にマイクはいらないね」と、先生に言っていただきました。
ちょっとは進歩してるのかな~。
歌い始めて13か月の成果、嬉しいお言葉でございました。


さて、今週月曜日、24年度1次隊の新隊員がウズに来られました。
今回は、ようやく隣の市立病院に配属の看護師さんが来てくれたので、
単純に嬉しい。
近くに頑張ってる仲間がいると思うと、心強いから。

そして毎回、新隊員がやってくると首都隊員でお食事会をするんですが、
今日、その食事会にタバカ(鳥の丸焼き)屋さんに行ってきました。

ウズに着いた日の夜、先輩隊員達に連れてってもらったな~と
振り返ってみると、あれは1年半前の話。
そして、あの時の先輩隊員はもうほとんどいないのね。


新隊員に、ちょっと先輩面して話をしつつ、思い出してみると、
病院になじめるまで、
自分のポジションを見つけるまで、
私が何者かを知ってもらえるまで、時間がかかったな~と。

最初の半年ぐらいはがっちり凹んでたことを思い出します。
日本からウズに来るにあたって、いろいろ考えてきたこと。
それを実行できる語学力や技術を見せられる場面を作れないこと。
ウズべキスタンの出産場面の、日本とは異なる一面。
そんなことが自分の中でかみ合ってくるまでが、本当にしんどかった。

今は…う~ん、どうなんやろ。
諦める部分もたくさんありつつも、
その中で残せるものを残していきたい。
それをどう生かすかは私の問題ではなく、ウズ側の問題だと認識して。

任期を終えて去る仲間もいれば、
新たに2年間を頑張ろうとやってくる仲間もいる。
つながっていくということを、残り少なくなればなるほど痛感しますね。


ようやく29日から病院が開くとのこと。
今言えることは、やれることをやれる範囲で、とにかくやるだけ。

120627.jpg
最初の半年通った産後病棟

category: 派遣中:2012年上半期

[edit]

page top△

音楽隊員?

まだ病院は掃除中。
ようやく開院に向けての準備段階に入ってきました。
それぞれの部屋に、必要装備をそろえていきます。

タラカーン(ごきぶり)駆除の薬を塗布したら、掃除が必要らしく、
結局、同じ部屋を4回掃除(石鹸ぶき&水ぶき)したよ…
…ここでも、やっぱり意味がわからない


さて、そんな感じで病院も掃除中だしということで、
今日は音楽隊員?の活動に行ってきました。

昨日昼前に、声楽のシュクール先生から電話がありまして、
明日、小学校に行って歌うことになったんだけど、
一緒に行って、日本語の歌を歌ってくれないか?と。

ん?突然、明日の話をしてますか!? 準備はどうするの!?


ま、面白そうな話なので、お引き受けしまして、行ってきました。

120626maktab.jpg

行った先は、91-maktab(91番小学校)の小さなホール。

120626-3.jpg

子ども達いっぱいやん!

そんな前で歌わせてもらった曲は、
「赤とんぼ」と「故郷」…季節がおかしいとは言わないで

先生がイタリア語の歌を2曲歌った後、
なぜだか私への質問コーナーができまして、これが意外に大変だった。

子ども達がウズ語で質問してくるので、
そのまま分かるものもあれば、わからんのもあって、
さらに、それをロシア語に通訳してくれても…わからんもんはわからん

120626-4.jpg

どっちも中途半端すぎる語学力を、
今更ながら、思い知らされました。は…もうちょっと勉強しよ。


歌の方は、ピアニストと合わせたのが1回だけだったので、
伴奏が雰囲気程度にしかわからなくて、
途中、入りそびれるという小事件もありましたが、
そこは適当に乗り切りまして、気持ちよく歌わせてもらいました。

ウズのあの小学校の子ども達にとっては、
初めての日本人だったみたいで、
ちょっとだけ日本紹介もできたので、
JOCVとして活動した~って感じがしました
本来のフィールドとはちょっと違うけど

category: 派遣中:2012年上半期

[edit]

page top△

22-1帰国

今日も病院に掃除に行きました。
基本的に、助産師組とサニタリカ(看護助手)組に分かれて、
作業が日々行われているのですが、
今日行ってみると…助産師長以外、助産師いない

その結果、師長と掃除パートナー
他病棟のスタッフに会うたびに、
師長「今日は誰もいないのよ!ちえだけがちゃんと来たわ!」
スタッフ「Молодец!(えらい!)」

いいやつだと顔を売れた!

いやいや、みんな顔知ってるスタッフだし、
今更そんなことどうでもいいけど…


さて、今日は22年度1次隊の帰国日。
いつもの通り、空港までお見送りに行ってきました。
帰国する隊員達は、すっきりした顔で帰っていくけど、
残る隊員の方が、なんとなくぐすぐすしてるのも、いつもと一緒。

この隊次の皆様には、駒ヶ根時代からなにかと繋がりがあったので、
あぁ、帰っちゃうんだ~と、今更ながら実感しました。

そっか、私もあと半年…



19:49 空港に向かう時に思わずシャッター押した1枚。
yuuhi.jpg

明日も、また1日がんばろ。

category: 派遣中:2012年上半期

[edit]

page top△

病院cooking

数日前より、突然暑くなりました。昼間の気温は30℃台後半。
我が家は、夜になっても室温30℃切ることはありません…
只今、31.4℃です

PCも、暑さで死んでしまいそうなので、電源プランを放熱優先に変更。
もうひと夏、がんばってね!と応援中
PCの暑さ対策、いい方法があったら教えて下さい。


さて先日、分娩室が休業に入る前日の話。
食堂に、お茶を飲みに入ったら、鍋がぐつぐつ…

「いいところに!この鍋、かき混ぜといてくれる?」
cooking7.jpg
ちなみに彼女は、産科ドクターです。
産科医としての腕もあって、何かと的を得た発言をされてる。
日々、あれやこれやと「ちょっとお願い!」されますが、
私のことを気にかけてくれる、とても親切な女医さんです。

…はいはい

cooking1.jpg

ところで、これはいったい?と聞く間もなく、
「よろしく~」と行ってしまいました。

約40分後…
cooking2.jpg

「おぉ、いい感じになったわね。お湯を入れたら出来上がりだわ」

cooking3.jpg

cooking4.jpg

お湯を入れると、一旦はこんな感じに固まりますが、
そのまま、30分位、ぐつぐつと放置。

cooking5.jpg

“ホルワタール”の完成。
cooking6.jpg

これは、みんなが無事に出産できたことを祝って、
これからもいろんな事がうまくいくことを祈って、
この日、ここで作ったそうです。
(聞き間違いでなければ…)

この後、通りすがりの医師、助産師、サニタリカも集まって、
分娩室のスタッフと小さいパーティがありました。
新しい顔が見える度に「ちえが作ったのよ~」と紹介してくれて…
ただかき混ぜてただけなので、紹介される程のことではないけれど、
そうやって言ってくれることが嬉しかった!

さてさて、どうやって食べるかと言えば、パンにつけて食べます。
味はどんなもんかと言われると、材料から想像して下さい。

cooking0.jpg

お玉一杯の油(ひまわり油)
どんぶり茶碗一杯の砂糖
ピヨーラ(お湯のみ)一杯の小麦粉    

日本人的にはあり得ない感じ?
でも、意外に美味しいんですよ…慣れって怖ろしいね

category: 派遣中:2012年上半期

[edit]

page top△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。